学生時代にはインターンシップで磨く

ベンチャー企業就職はこのような理不尽な事はありません。キャリアバイトやインターンシップに参加をしてみるとわかりますがベンチャー企業の社内の宴会では、人のかげ口がとても希少です。

 

仕事が終わった後の飲みの席でも、他人の人事とか上司の悪口ばかりです。大きな会社に勤めているとベンチャー企業就職とは異なりかれこれな理不尽な事に遭遇をします。

 

大企業を経てからの方が、最初からベンチャー企業就職する人より、ベンチャーのよさは理解できると思います。ナゼかと言うと、ベンチャー企業就職をして全員が戦力として働かなければ、会社がつぶれてしまうからです。

 

本式事をやろうとしてる人、本来やらなければいけない事が分かっているのに出来ない人、こうした人たちほど、大きな会社でまかり通る我慢が矛盾にできなくなってきます。さらに、大企業ではよく、「うちの会社の製品はデザインがダサイから売れないんだよ」などと他部署のことをこそこそ批判します。

 

しかし、ベンチャーでは批判してる場合ではなく、ベンチャー企業就職したら自ら改善にとりくまなくてはなりません。ベンチャー企業には、大企業でよく見かける偉そうな事を言って何の貢献もしていない人や理不尽な事をのたまってるだけの人を雇っていられる資金的な余裕がありません。

 

なぜでしょうか?理不尽な事やデタラメをやってると会社がつぶれるからです。