学生時代にはインターンシップで磨く

時給では900〜1000円程度が相場です。それに、一部の企業では、夏場に内々定を出すところもあります。

 

「サマーインターンシップ」にたいし、企業が時給、日給の形で報酬を出すことがほとんどです。企業側としても、ながい期間のインターンに比べて、学生への対応に手間がかからないのが実情です。

 

ちなみに、給料とは別に、ワークショップでの順位などに応じて、海外研修などの特典がついてる場合もあります。恐らくは、大多数の学生の方が、6月頃になると、「サマーインターンシップ」という言葉を身近な人から耳にするとおもいます。

 

そのため、就活を控えた3年生向けのものが多く、学生側も気になる企業の実際の雰囲気を知る目的でこうしたキャリアバイト参加するというのが中心です。学生としても企業としても、夏休みという長期間休暇の間に、まとまった就業時間を取ることができます。

 

そのため、期間は短簡ながらも、集中をして就業体験を行う事が出来ます。「サマーインターンシップ」が就活に直接結びつくことが一方ならぬです。

 

ベンチャー企業就職でも同様のことです。「サマーインターンシップ」とは、文字通り、主に夏休みを利用したインターンシップデス。

 

更に、「サマーインターンシップ」が採用までの近道となってる企業も存在し、「サマーインターンシップ」生専用の採用枠を用意したり、参加者は1次選考などを免除されるなどの特典があります。